• お問い合わせ
  • 新規会員登録
  • ログイン
  • マイページ
  • カート
  • 検索
  • カート
山形県天童市産 葉取らずりんご 高徳 3
2,500円(税185円)
山形県天童市産 葉取らずりんご 高徳 3
2,500円(税185円)

山形県天童産のりんご、 「高徳」 のご紹介です。


「高徳」は小玉ですが、食感も良く、甘さと酸味のバランスが取れた品種です。


片桐農園さんが作る「高徳」は香りが強く、

蜜がとても入りやすいのが特長になります。


また減農薬栽培を取り入れており、安心安全にお召し上がりいただけます。

手軽に食べやすいので、ぜひ皮を剥かずに食べてみてください。



片桐農園の「高徳」

山形県はりんごの栽培も盛んで、その生産量は全国で第4位(令和2年)。

天童市は、山形盆地の中央付近に位置し、山地から流れる乱川、立谷川は2つの扇状地を形成しており、扇状地の特徴である水はけの良さは、りんごをはじめとした果物作りに適しています。

盆地特有の、昼夜間の寒暖差の大きい気候は、甘い果実を育みます。


この「高徳」を生産するのは、山形県は天童市道満地区の「片桐農園」、片桐完一さんご家族です。

        完一さん   初子さん   知宏さん

この地で 11代、250年 に渡り、代々農家を営んできた片桐さんご一家は、その知識と経験で、最高のりんご作りに取り組んでいます。



りんごの栽培は、大きく分けて、剪定(1月末〜4月上旬)、摘果(5月〜7月上旬あたりまで)、肥料(春と秋)といった工程があります。




●剪定
中でも、剪定の作業は重要と考えられており、どの枝を切ってどの枝を残せば美味しいりんごができるのか、他の果実と比べても知識と経験が必要とされています。 その重要さは、「その年のりんごの栽培は、前の年のりんごの収穫がスタートだ」と言う生産者の方もいる程で、これまでの果実の出来具合などから、今後に向けた剪定を行っていきます。


●摘果
摘果は5月から7月にかけ、継続的に行っていきます。花芽の様子を見ながら、ひとつひとつ手作業で果実を選別していきます。




●肥料

また片桐農園では、化学肥料や農薬の使用を、山形県の定める「準特別栽培農産物」に適応するレベルにまで抑制しております。
農薬を減らすと、やはり病気になりやすくなるなどリスクもありますが、必要最低限のもの以外は有機肥料で対応することで、そのリスクをできるだけ少なくしています。



このようなりんご栽培の工程の中で、片桐さんのりんご作りのすべてに共通しているのは、年間を通して 一本一本の木をよく観察している ということ。
それにより、どの枝を剪定すべきか、どの果実を残すべきか、木が病気になっていないかなどがわかり、何かあった時も対処も早くなるため、それが減農薬などにも繋がっていくのです。
日々の観察と手入れ こそが、美味しいりんごを作る何よりの極意なのです。



         次の代を担う知宏さん

内容量

約3圈10〜14玉程度)

保存方法

冷蔵庫で保存し、お早めにお召し上がりください。

葉取らずりんごとは?

「見た目」以上に「味重視」

片桐さんのりんごは、収穫まであえて葉を摘み取らずに育てられます。
りんごは太陽の光によって赤く染まるので、葉を摘まないと均等に日光が当たらず、りんごがキレイに赤く色付きづらくなります。

一般的には、りんごは赤い色の方が消費者の方に好まれる為、葉を摘まないことは、見た目の点で不利になる可能性があります。

では、片桐さんはなぜ葉を摘まずに育てるのでしょうか?

それは、そちらの方が、より味が良くなると片桐さんは考えているからです。

葉は太陽のエネルギーを取り込み、りんごを美味しくする大切な存在。
なので、ぎりぎりまで葉から吸収する栄養をりんごに送ってあげ、りんごの味を良くしたい。

その為には、多少色付きが不足していたり、ムラがあっても仕方がない、それよりも 美味しいりんごを皆様にお届けしたい。




だから、片桐さんは葉を摘まずにりんごを育てるのです。



※本商品は「葉取らずりんご」ですので、下記写真のような赤色が少なめの個体も含んでのお届けになりますので、ご理解の程お願い申し上げます。




そんな片桐農園の「葉取らずりんご 高徳」

今回特別に数量限定での出荷となります。


是非ご賞味ください!







内容量:約3kg(10〜14玉程度 サイズにより変動)
サイズ:Mサイズ
産地:山形県天童市
生産者:片桐農園
配送:ヤマト運輸
お届けはご注文後一週間以内を予定しています。


※最高に美味しいタイミングを見計らっての出荷となる為、
お届け日のご指定はできません。





商品およびサービスに、不備やお気付きの点がございましたら、お手数ですが、
株式会社 Rose Cheek(担当:及川 080-4852-0902)までご連絡お願い致します。

レビュー

レビューを書く